• 話題のニュース
  • 注目のニュース
  • エロニュース

    【悲報】イスラム国へ行った元ひきこもりフランス人女性「彼らにとって女は性処理の道具だった…」

    ISへ行った元ひきこもりフランス人女性「彼らにとって女は性処理の道具だった…」

    20150216132757.png
    1: 名無しのお客さま
    【AFP=時事】彼女は、「アラーの法律が支配する土地」へ移り住みたかった。だが気付けば、女性が性の対象物として扱われる専横な暴力の世界に捕らわれていた。

     フランス人女性のナディアさん(21歳・仮名)は、今年の春にイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」のメンバーにネットのチャットルームで勧誘され、
    ISが「首都」と呼ぶシリア北部ラッカ(Raqa)へ渡った。

     だが彼女はすぐに幻滅した。過激化したIS戦闘員らが「コーランよりもカラシニコフ銃について夢想していた」からだ。

     ラッカでISと過ごした激動の3か月の間に、彼女はISのメンバーと結婚・離別し、2回投獄された。それから何とか国境を越えてトルコに渡った末、警察に拘束された。

     ISの戦闘員たちの生活について、「イスラム教に従っていたものはほとんどない。コーランもほとんど読まず、ただ戦争のスローガンを唱えて生活していた」と語った。
    「大半はイスラム教に改宗した人々で、イスラム教についてほとんど知識がなく、シリアについてすぐに学ばなくてはならなかった」

     そしてISに協力する女性たちは、戦闘員らの性欲のはけ口でしかなかった。
    「私たちは男たちのための商品だった。彼らは『俺はブルネットがいい。ブロンドがいい。これぐらいの年のこんな女がいい』といったリストをもっていた」という。

     ナディアさんは今、フランスでの新しい生活を夢見ている。両親との関係を修復し、インターネットを遮断した生活だ。「同年代の女の子と同じように、フランスでまっとうな暮らしを送りたい。
    外に出て太陽を浴び、空気を感じることができるなんて、不思議な気分だけれど」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00000037-jij_afp-int

    40: 名無しのお客さま
    >>1
    他に何があるんだよって話だな

    133: 名無しのお客さま
    >>1
    身の安全さえ保障されてりゃいきてえなあw

    2: 名無しのお客さま
    知ってた

    4: 名無しのお客さま
    バカだからその内また同じような事やるんだろうな

    88: 名無しのお客さま
    >>4
    また違う何かにハマるんだと思う

    5: 名無しのお客さま
    なぜそんな所へ行く

    18: 名無しのお客さま
    >>5
    若い女はもともとサバイバル能力高いうえに絶対的な武器があるからな

    14: 名無しのお客さま
    異教徒と通じていいのかしら

    16: 名無しのお客さま
    孤高の聖戦士がホントは生臭肉欲棒太郎な訳だ
    だっさ
    はよ死ねや糞IS

    17: 名無しのお客さま
    他人の生き方がかっこいいというのは総じて屑

    20: 名無しのお客さま
    これにはチョンモメン怒りの公衆オナニー!

    21: 名無しのお客さま
    カルトってのは、組織頂点が豪遊する
    ために信者らから養分を吸い取る詐欺制度

    24: 名無しのお客さま
    ナディアって女はロクなのがいねぇな

    256: 名無しのお客さま
    >>24
    ジャン「全くだよ。名前も聞きたくないよ。」

    27: 名無しのお客さま
    こんな事すら予想できないから引きこもりなんだ

    43: 名無しのお客さま
    想像力なさすぎだろ

    44: 名無しのお客さま
    どこの国にもお花畑な奴はおるわな

    45: 名無しのお客さま
    こうして淘汰されるんだろうなと。

    54: 名無しのお客さま
    ふしぎな思考のナディア

    276: 名無しのお客さま
    宗教に騙される様な奴のレベルはこんなもん

    -エロニュース

    Copyright© でぃあんどる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.