【朗報】ユダカスの名言役に立ちすぎワロタwwwwwwwwww

2015年7月14日 09:30

ユダカスの名言役に立ちすぎワロタwwwww

Albert_Einstein.png
1: 名無しのお客さま
・もし、本と服を汚したら、まず本から拭きなさい。 

・学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。 

・100回復習するのと、101回復習するのとでは、その間に大きな違いがある。 
・恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない。 

・もし、目の前に突然、天使が現れて「トラ(教典)」のすべての教えを瞬時に身につけさせようと言っても、私は断ろう。人にとって学ぶ過程こそ、結果よりも重要だからだ。人は努力を通じてのみ、報いられる。 

2: 名無しのお客さま
商売の戒めには次のようなものがある。

・商人は安く買えるあらゆる商品を仕入れ、できるだけ早く小さなマージンで売れ。

・あなたの手にあり、他人が欲している商品を安く売るのは、ビジネスではない。あなたの手になく、しかも他人が欲していないものを売るのがビジネスだ。

116: 名無しのお客さま
>>2

これが現代のあらゆる不幸の根源なんだよなあ

122: 名無しのお客さま
>>116
まさしく証券会社の金融商品だよな
糞みたいな利率で売ってるもん

3: 名無しのお客さま
神かな?

4: 名無しのお客さま
あなたがもっている物を、それを必要としている人に売るのはビジネスではない。
それでは安易すぎる。
あなたがもっていない物を、それを必要としない人に売るのがビジネスである。
ユダヤ人は、中世ヨーロッパで長い間圧迫され、正業につけなかったので、ユダヤ人街の住人の多くはブローカーになった。

ユダヤ人は、つくられた権威を常に疑う。
今日まで、世界の進歩を阻んできたものがあったとしたら、おそらくそれは権威であろう。

既成のものを疑う。いいかえれば、自由な精神を持つことである。常に疑問を持つ人間になることである。

このことは、ユダヤ人にとっての権威は神しかいないこと。人類は皆、神によって創られた一人の人間の末裔であり、人間には上下がないという考え方に由来している。

7: 名無しのお客さま
日本人は「1日8時間労働」や「時給いくらい」と考えるが、ユダヤ人は「1秒いくら」で仕事している。

時給ではなく、秒給だ。

退社時間になると、すぐに仕事をやめて帰っていく。たとえ、あと数分できりのいいところで仕事が終わるとしても。 

つまり、ユダヤ人にとって、時間とはお金そのものなのだ。

もちろん、アポなしの訪問には異国の地から尋ねてきたとしても会うことはない。

「ユダヤ商法に商品は二つしかない。それは女と口である」(日本マクドナルド創業者 藤田田氏の「ユダヤの商法」より) 

9: 名無しのお客さま
「ユダヤ商法に商品は二つしかない。それは女と口である」(日本マクドナルド創業者 藤田田氏の「ユダヤの商法」より)

女性は男性が稼いできたお金を管理して生活を成り立たせる役目を持っている。 

だから、お金を握っている女性を狙うのだ。

逆に男性を狙った商売は何倍も難しくなる。

口と狙うとは、口に入れるものを扱う商売のこと。つまり、飲食業や八百屋、酒屋などだ。

食べないと生けていけない。それが人間だからだ。

13: 名無しのお客さま
>>9
これはおかしくね?
なんで金のことになるとおまんまんにやらすの?

金稼いだり管理するのも男がやればいいに決まってるやん

15: 名無しのお客さま
>>13
女の洋服が男に比べて売り場が多いのを見たらわかるはず

10: 名無しのお客さま
ユダヤ人は外国に行って成功しても、その土地の人に妬まれるから不動産は持たない。

設備を必要とする工場も持たない。つまり、重装備系の経営はしないのだ。
それよりも、人の目では見えないビジネスのやり方を好む。
たとえば、金融業や貴金属などだユダヤ人は「財産は没収できても頭の中身までは没収できない」と子どもに教えて育てている。

この背景には、ユダヤ人の歴史が差別や迫害の歴史だったというこがある。 

ユダヤ人は、第二次世界大戦でナチスドイツに迫害され、財産をすべて没収されたという歴史的背景から「いつかは全財産を没収されるようなことが起こるかも知れない。」という恐怖感を常に持っている。

お金は奪われても、それを生み出す頭に投資していれば、またお金は作れるという考えである。お金を産むための知識は絶対に奪うことはできないという考えである。

14: 名無しのお客さま
豚は食べ過ぎる。苦しんでいる人間は話しすぎる。
賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す。
金は、よいセンス意外のモノなら何でも買える。
粉屋が煙突掃除屋と喧嘩をすると。粉屋は黒くなり、煙突掃除屋は白くなる。
かゆいところをかく事と、困ったときに金を借りる事は、一時しのぎに過ぎない

30: 名無しのお客さま
>>14
苦しんでる人間は話しすぎる

当たってるわ

16: 名無しのお客さま
要領のいい人間と賢い人間の差
要領のいい人間は、賢い人間だったら絶対におちいらないような困難な状況を、うまく切る抜ける人のことである。
ある人は若くして老い、ある人は老いても若い。
自分の欠点ばかり気にしてる人は、人の欠点に気づかない。

人間は、他人のささやかな皮膚病は気にしても、自分の重病は目にはいらない。
嘘つきに与えられた最大の罰は、彼が真実を語った時も、人が信じないことだ。
人間は、20年かかって覚えたことを、2年で忘れることができる。

18: 名無しのお客さま
こんな立派な教育を受けて行き着く先がパレスチナ虐殺

説得力、皆無!w

19: 名無しのお客さま
勉強について
一日勉強しなければ、それを取り戻すのに二日かかる。
恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない。
学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。
1つの庭を手入れするほうが、多くの庭を持ってほったらかしにするよりはよい。1つの庭を持つ人は鳥を食べることができるが、多くの庭を持つ人は鳥に食べられてしまう。 
最も大切な事は、学習ではなく、実行である。
出逢った人すべてから、何かを学べる人が最も賢い。
偉人を過大に評価してはならない。同じように、小人を過小に評価してはならない。

私たちは権威ある先人たちの教えから多くのことを学ぶべきだが、といって背に大量の本を積んだロバになってはならない。 
自分の肩書きを人に教えようとする人間は、すでに自分の人格を傷つけている。

人間は、20年かかって覚えたことを、2年で忘れることができる。

33: 名無しのお客さま
ユダヤ人嫌いやけど一理あるな

36: 名無しのお客さま
名言ではなく格言な

41: 名無しのお客さま
ユダヤ人ってやっぱすげーわ

61: 名無しのお客さま
う…生まれてはじめて他人を美しいと…!

72: 名無しのお客さま
そりゃ周りを見下しますわ

77: 名無しのお客さま
恵まれた頭脳からくそみたいな性格

80: 名無しのお客さま
そらナチも殺しますわ

92: 名無しのお客さま
ユダヤは闇が深い

99: 名無しのお客さま
ユダヤ人って脳が発達しまくってる奴とガイジが極端に多いんだよな
つまり天才かガイジか

    【画像】坂口杏里のAVが発売!! 乳首とケツが汚すぎると話題にwwww
1000: 殿堂入り人気記事(・∀・`)ノ !!

コメント一覧

  1. より:

    人間の良い部分を吸収していけば自ずと素晴らしい人間になる。権力を欲する人間は無能が多い。かといって権力を欲しない無能は奈落に落ちる。

  2. 匿名 より:

    自国の民間人を盾にするパレスチナ側にも問題がある

  3. 匿名 より:

    しょうがないよ 人間だもの

  4. 匿名 より:

    その優秀な頭脳を物を生み出す事ではなく人を食い物にする事に使ってるんだから
    そりゃ嫌われるわ

  5. 匿名 より:

    一部要約するに、学習が出来ない奴は他のとこ行って妥協しろってことか…

コメントする

著しく公序良俗に反するコメントはお控えください。