【驚愕】オウム麻原の名言ワロタwwwwwwwwwww

2015年2月25日 02:00

【驚愕】オウム麻原の名言ワロタwwwwwwwwwww

th (1)
1: 名無しのお客さま
ここに愚者と智者のふたりがいたと想定しよう。愚者は、例えばここでオレンジを一個買う。それを食べて、そのおいしさを味わったとしよう。次の日も二個 三個四個と買って飽きるまで食べる。
そして、オレンジに飽きる。もはやおいしくはない。次はリンゴにしよう。彼はリンゴを食べる。飽きるまで食べる。 次はバナナだ。バナナで同じことを繰り返す。
 ここで、智者だったらどういうプロセスを辿るのかね。その人は、オレンジに飽きたとき、「なぜ私はオレンジに飽きたんだろう?」と考える。
そして、「私は今度は、リンゴを食べたいと思っているけど、ひょっとしたらリンゴにも飽きるんじゃないか。」っという考えに至るだろうね。
そして、リンゴに挑戦するとき、 「その時の心の変化をできるだけ客観的に見ていこうじゃないか。」と決心する。そして、リンゴを食べていきながら、個数を増やしていきながら、心の変化を理解していく。
そうするとね、オレンジとリンゴ、これくらいで飽きる経験はすんでしまうわけだ。飽きる経験がすんでしまうから、次のバナナまでいかない。いく必要がないんだ。
オレンジやリンゴがね、車に変わっても同じだね。例えばブルーバード、例えばスカイライン、例えばシビック。初めにブルーバードに乗っていてね、
飽きてスカイラインにする。次はシビックにしてみる。これと、オレンジ、リンゴ、バナナのプロセスは全く同じだ。異性について考えても同じだよ。
A子さん、B子さん、C子さんと心が移っていくプロセス、これも全く同じだ。
 私達は、だから、もしオレンジで心の動きを理解したならば、車に対しても異性に対しても、惑わされることはないだろう。その時、自ずと悟りが訪れます。
急に、悟り、なんて言葉がでてきてびっくりしたかな。オレンジや車と悟りが、なにやらつり合わないような気がするかもしれない。
しかし、悟りとは心の動き、あるいは真我がどのようにして闇の中に入っていくかをね、客観的に見て理解できる状態のことなんだ。いいですか。これが悟りのプロセスだ。

4: 名無しのお客さま
長い、死刑

5: 名無しのお客さま
とんこつ一択

6: 名無しのお客さま
とんでもない悪いことした奴だけどカリスマ性はガチ

7: 名無しのお客さま
例えば多すぎ

9: 名無しのお客さま
長すぎる
名言て短くて分かりやすい言葉でもグッとくるもののことじゃないの

10: 名無しのお客さま
17へぇ~くらいは押したくなる

11: 名無しのお客さま
ふむふむって読んでいったら、急に具体的な車名が出てきてワロタ

14: 名無しのお客さま
結構為になった

17: 名無しのお客さま
麻原に魅力があったのか
それとも上祐の手腕なのか

18: 名無しのお客さま
割といつもこんな感じのこと考えてるわ

19: 名無しのお客さま
そんな麻原も女には飽きなかった

20: 名無しのお客さま
そして、オウムに飽きる。もはやおいしくはない。次はタリバンにしよう。彼はタリバンでテロる。飽きるまでテロる。 次はISだ。ISで同じことを繰り返す。
 ここで、智者だったらどういうプロセスを辿るのかね。その人は、オウムに飽きたとき、「なぜ私はオウムに飽きたんだろう?」と考える。
そして、「私は今度は、オウムでテロりたいと思っているけど、ひょっとしたらタリバンにも飽きるんじゃないか。」っという考えに至るだろうね。
そして、アフガンに行くとき、 「その時の心の変化をできるだけ客観的に見ていこうじゃないか。」と決心する。
そして、アフガンで自爆テロをしながら、火薬の量を増やしていきながら、心の変化を理解していく。

23: 名無しのお客さま
>>20
クソワロタ

38: 名無しのお客さま
己を賢者だと思っているが一番の愚者
そういう賢しい奴はたいていうすっぺらい面白味のない人生送ってるつまんねー奴
ありがちすぎて欠伸がでるわ\( ̄0 ̄)/
世俗にどっぷり浸かって人間の汚い部分みてない奴の言葉なんてなんの意味もないね

47: 名無しのお客さま
>>38
世俗に浸かっとるほうが汚い部分見とるやろ

39: 名無しのお客さま
仏教知ってれば誰でも似たようなこと思い付くだろこれ

45: 名無しのお客さま
みんな頭おかしい

参考元:http://2ch.sc/

    【画像】坂口杏里のAVが発売!! 乳首とケツが汚すぎると話題にwwww
1000: 殿堂入り人気記事(・∀・`)ノ !!

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    仏教や禅というより、心理学もしくはキリスト教的な世界観。
    心理学には、己のある感情に名前をつけて、客観化してゆく作業がある。
    今では良くないとされているが、潜在意識を浮上させトラウマを乗り越える方法もこれの一種。
    仏教や禅だと、自我と環境は個であり全でもあり、循環的で理解(分離)できないという視点に立つ。
    何故なら、理解とは事象の外側(客観)に立って、概念化しバラバラに分け名づけする事であり、
    内側で連動しつづける存在にはそれが不可能だからだ。
    世界の内側にいて、その一部である限り、事象は全て主観的になってしまう。
    悟りとは、理解しない、つまり分ける事をせず、そのまま全体として受け止める作業に他ならない。
    受け止める事ができたなら、流動的である瞬間瞬間に対し惑わされずに済む。
    ただし、自我も常に流動的であるから、その状態ですら、直ぐに立ち消えてしまう刹那だ。
    しかし、受け止めた経験と、それが受け止められる事を知っている事が重要になのだ。
    何故なら、それこそが心の不安をなくし、静かで清らかな心の水面を作り出す事だから。
    オウムの麻原は古い心理学的のレトリックを使っているが、仏教や禅には至っていない。
    西欧的に自我の不変性と成長性を訴えているに過ぎない。むしろキリスト哲学に似ている。
    でも、その方がむしろ分かり易い。
    果物や車という単語を使う事によって、あたかもそれが可能なように印象づける。
    こういった印象操作は、左翼が良く使う「平等な社会」にも当てはまる。
    彼らのいう平等な社会には、誰がその平等を決めるのか?という大前提が抜けていて、
    例えばこれを共産党が決めるとなった場合、どこかで見た独裁政治そのものとなる。
    まさに「最初の平等はどこに行った?」なのです。
    カルトは詐欺師は、こういった出来ない事をあたかも出きる様に見せかけお金と命を奪う訳です。

  2. 匿名 より:

    通名在日は日本にとって癌。排斥加速。

  3. 匿名 より:

    食べ過ぎたらそらぁ飽きるよ。女にしろ車にしろ何にしろ。
    果物だってそうだ、適度に付き合うのが大切。

  4. 匿名 より:

    一つの食い物をひたすら飽きるまで食い、尚且つそれを繰り返すような食い方する奴はまぁ馬鹿だと思うけどね

  5. 名無し より:

    じゃあ俺もう悟り開いてるわ

  6. 匿名 より:

    馬鹿だけが犯罪を犯す訳ではない
    感覚的に分かり易くいうと、
    賢い奴だって馬鹿な行動をする事はあるし
    馬鹿な奴だって賢い行動をする事はある

  7. 匿名 より:

    哲学的思考が好きなやつなら割と一度は考えることじゃないかね
    別に大したことじゃない
    むしろ智者とは本スレ>>20みたいなレスが出来るやつのことだろ

コメントする

著しく公序良俗に反するコメントはお控えください。