【速報】館林市、認知症で徘徊していた67歳の女性の正体が・・・

2014年5月18日 03:34
entry_img_6.png
1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/14(水)17:01:11 ID:QiVBxRBjg
認知症による徘徊で保護されていた身元不明女性 67歳、元ニッポン放送アナウンサーだった

認知症による徘徊後に身元不明のまま7年間介護されていた女性が、NHKスペシャルで紹介されたのがきっかけで夫との再会を果たした。女性は元ニッポン放送のアナウンサーだったことが判明したと、NHKが報じている。
身元の判明についてツイッターでは

「ニッポン放送のアナウンサーさんだったとか、びっくり。 だから言葉に品があったのか。 よかったなー」
など祝福するコメントなど書き込まれている。

http://www.j-cast.com/2014/05/13204613.html

2: 名無しさん@おーぷん 2014/05/14(水)20:24:02 ID:4DiFpCs8o
この番組、見てた
介護施設に入った当初はどの町にもいるような見かけだったのに
数年でがっくりとしちゃってたものなぁ
身元不明でなくなってしまうより、家族と再開できることがどんなにうれしいか
歌にあわせて手を小刻みに動かしていたのも、
アナウンサーとしてのDJとしての才能だったのかもしれない
良かった。

7: 名無しさん@おーぷん 2014/05/17(土)23:12:45 ID:0bhwT0fQK
>>3
若い頃使ってた人がずっとそうなわけでもないだろうし

4: 名無しさん@おーぷん 2014/05/15(木)11:28:57 ID:CthC1NxnT
認知症女性:7年不明 家族に生活費1000万円超請求か

館林市の担当者は「本人や家族に資産があることが判明した場合、市が立て替えた費用の返還をお願いするのが原則」と説明する。
一方で「前例がなく、我々の対応が今後のモデルになり得る。県や国の指導を仰ぎ、どのように対処すべきか慎重に判断したい」と話している。

群馬県内のある行政関係者は「今回のケースを知って『認知症の家族を見捨てても、行政が金を出して施設が世話をしてくれる』と考える人が出てこないか心配だ」と話す。
【尾崎修二】

◇家族が全額はおかしい、国がガイドラインを

 社会的弱者の保護制度に詳しい結城康博・淑徳大教授(社会福祉学)の話 認知症の女性を必死に捜していた家族が、施設入所に要した費用を全額支払うことになるのはおかしい。

http://mainichi.jp/select/news/20140515k0000m040142000c.html

8: 名無しさん@おーぷん 2014/05/18(日)01:12:47 ID:BuxP1WZla
>>4
7年でたった1000万か、良心的な値段だなあ。
家族は払った後、名前をまちがえた群馬県警に損害賠償請求しろ。
ミエコをエミコとまちがったバカ警察は、私費で払ってほしい。

5: ちんかす 2014/05/15(木)15:56:41 ID:ZvKcppd3w
一千万の請求来ても仕方ない
てゆーか感謝しないといかん

6: 名無しさん@おーぷん 2014/05/17(土)18:28:04 ID:jnQpxYakP
請求しないことになったとか、webで見た
前例主義に陥らない形で、うまくまとまって欲しいです

9: 名無しさん@おーぷん 2014/05/18(日)01:14:49 ID:BuxP1WZla
そっか、介護施設も警察も同じ群馬県下だから、どっちみち県の税金ということか。

引用元: ・認知症による徘徊で保護されていた身元不明女性 67歳、元ニッポン放送アナウンサーだった

    【画像】坂口杏里のAVが発売!! 乳首とケツが汚すぎると話題にwwww
1000: 殿堂入り人気記事(・∀・`)ノ !!

コメントする

著しく公序良俗に反するコメントはお控えください。