【驚愕】人間以外の生物が他種を絶滅させた事例が無いってまじ?

2015年6月14日 14:00

人間以外の生物が他種を絶滅させた事例

oofgiogi.png
1: 名無しのお客さま
あるよな?
教師が人間特有とかいってて動揺

2: 名無しのお客さま
あってもわからないかもね

3: 名無しのお客さま
人間がいなかったらおそらくおこらなかった

6: 名無しのお客さま
>>3
これ

大体人間のせい つうかそれ以外知らん

5: 名無しのお客さま
あっても観測できなくないか

8: 名無しのお客さま
隕石は・・・神の仕業です(キリッ

39: 名無しのお客さま
>>8
隕石はルシファーの仕業だよ

9: 名無しのお客さま
だって大昔の生物で絶滅してるのは、全部環境変化のせいになっちゃうじゃん
生存競争の中で他種に駆逐された奴はいるはず

11: 名無しのお客さま
恐竜がアンモナイトを食べ尽くした

12: 名無しのお客さま
人間特有だろ
例えばブラックバスが在来種食いつくしたとしても持ち込んだのは人間だし
同種の別民族根絶やしとかするのは人間しかいないし

13: 名無しのお客さま
光合成細菌が嫌気呼吸する生き物をかなり滅ぼしたらしいじゃん

35: 名無しのお客さま
>>13
光合成細菌は酸素は作らないお

16: 名無しのお客さま
人間が多種を絶滅させることもまた自然なのだよ

17: 名無しのお客さま
今の生態系になるまでに何回もの絶滅が起こったのは間違いないから、
こんな感じで弱い者は他者にやられて消えていった


絶滅なんて、全ての生物間で起こりえること

たかが人間のみの仕業なんかではない

ただし少なからず人間が影響を与えているのは確かだ

18: 名無しのお客さま
>>17
だよな
人間以外してないなんて大嘘だろ

19: 名無しのお客さま
人間のせいなのは判るけどそれが悪いみたいな風潮は理解出来ない
弱い奴は遅かれ早かれ滅んで然りだしそこに人間が絡んだからとかまるで人間を自然の枠組みから外れたイレギュラーの様に扱っててもうね

20: 名無しのお客さま
無いと考える方が不自然

29: 名無しのお客さま
だから人間は悪みたいな結論に導こうとしてるのがウザイな
見方を変えたら他の生物を多数絶滅に追い込んでも生き残れる優秀な種族ともいえよう

31: 名無しのお客さま
>>29
自分たちより強大な敵と戦った末に討ち滅ぼしたならまだしも
ただ金儲けのための乱獲と自然破壊での絶滅では

30: 名無しのお客さま
人間だって一応地球が生んだ生物だしな

知能という武器で勝ち残ってきた優秀な種族ではあるけども、
だからといって人間と他の生物とを切り離して
我々は特別だ!
みたいなのは一体何様だってなるよね

32: 名無しのお客さま
人間という生物はそういう生態なんだよ

38: 名無しのお客さま
人間が多種や自然を破壊するのも進化の結果でしかない
なぜそんなに自然界だけを持ち上げるのか疑問
結局、自然破壊だなんだと言ってるのも、「人間様」が生きるためでしょ
文明を持った人間も自然の一部と捉えるべきで、自然物、人工物などと本質的にはわける必要はない

41: 名無しのお客さま
エコ、エコ言ってんのも
結局は人間のエゴなんだよな

44: 名無しのお客さま
実際に外来種が日本の原種駆逐して問題になっとるやんか
ほっといたら絶滅すんじゃねーの

45: 名無しのお客さま
>>44
その外来種を駆除するために導入される種が
またさらなる侵害をする場合もあるという負のスパイラル

47: 名無しのお客さま
人間以外が絶滅させると弱肉強食になる不思議

参考元:http://2ch.sc/

    【画像】坂口杏里のAVが発売!! 乳首とケツが汚すぎると話題にwwww
1000: 殿堂入り人気記事(・∀・`)ノ !!

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    認識してないだけで割りとあると思う

  2. 匿名 より:

    実はあるんだよね
    アメリカ大陸がアジアとつながった時 アメリカ大陸の生き物が大きさも分類関係なしに大量に全滅をした
    またアメリカ大陸と南アメリカがつながったときも、同様に起きている
    例を出すと 有名なのは有袋類ね
    またこの原因は生息地がとられた  天敵がきた 伝染病などがあるといわれる。

  3. 匿名 より:

    沖縄でハブを駆逐させようとマングースを放したらハブじゃなくてヤンバルクイナを食い荒らしてるそうな。

  4.    より:

    ええと、モアもそうだけれど、人間が持ち込んだ動物によって絶滅するという。 まぁ 人間以外の動物は絶滅させたことはありませんね。
    26647 のいってるのは、生物が他種を絶滅に追いやったのではなく、環境の変化ですので 成り立ちません。
    大陸がつながったりはなれたりする事で いわば外来生物が行き来するようになっての絶滅って言うのすらありません。
    嘘つかないようにw 確かに生態密度が薄くなり分布図も狭まりますが、もともとその環境にある種なので 絶滅はしないのです。 植物などでも外来種によって希少となったり、遺伝子汚染を食らったりしますが、もともとその環境にある種というのは滅んだ事例はありません。 皆無なのです。
    ですが、マングースによってヤンバルクイナが、ディンゴによってフクロオオカミが絶滅なんて事はないでしょ。
    実際にありません。 フクロオオカミは人間の狩猟で絶滅しましたし ゾウガメも モアも 人間によって絶滅しました。
    一定の数以下になると 種はその生態の継承が不可能になるらしく(例外なく)消えていきます。
    トキなんか分かりやすいですよね。 近縁種との交配で うまくいけば ニッポニアニッポンの発現が見込めますし発現が雌雄であれば 交配させて 種を固定する事も可能でしょう。
    しかし、減少した際、どれだけの保護を行っても 増殖は不可能でした。
    なぜなら 親鳥は子育てももちろん トキとしての生態を継承したくとも その群れがなかったからです。
    人種と文化も同じです。 文化が消えると 人種も消えます。 継承できないから。 生存する為の方法が欠けていって繁栄どころか、子育ての仕方も分からなくなるからです。
    金の時代から 銀の時代へ そして現在の鉄の時代になっているのは、事実 異なる種でありながら 「同じ価値感」を強要する事で、別種の人種の生態をそのまま崩壊させ続けてきたからです。
    滅びますよ? 一種残らず。 到底人間とは言えない 文化も持たない雑種のヒトが最後にうごめいて全てを失って滅びます。 確実に。
    今は 種が「同じ価値感」詐欺で 騙し奪われ絶滅させられている中、それによって奪えたもの(主としての特性や生態を持たない雑種のヒト)が増えているだけです。 奪った後は 激減するはずです。 復元不可能どころか元から雑種なので人間としての生態、知恵や理性を持ちえない彼らは 確実に滅びます。
    他の生物の事例で、そうでなかった事がないので、一応「確実に」といいます。
    先生の言う「人間以外は 他種を絶滅させたことはない」という言葉から、「人間だけは何をしようと絶滅する」と学ぶべきでしょうね。 もちろん「このままでは」ですが。
    ちなみに 人間が 生態(技術を含めた文化)を継承してきて各種族が強力な生存力を発揮してきて 起こったこと。
    つまり人間が継承していなかった(存在していなかった時を含めいなかった島々など)条件では起こらなかった、生物の種の絶滅が始まります。 環境はそのままで、です。
    なぜかは 分かりますよね。 人間の生態が 自身の願望に環境を変える事ですから。
    なにせ、そうでないと 犬猫に劣る生存能力ですからね。
    つまり、人間の生態の結果は 「種の絶滅」です。
    ヒト科同士が 「種の絶滅」を行っているのが現在です。
    戦争だとか、鎖国だとか、人種差別だとかは この「種の絶滅が本性の人間同士」を回避する為の知性や理性の抗いです。
    でもそれも、封じられ反発していてこそ互いに存在できるものを 無理に交わらせ、文化にない生活を強いる詐欺が横行しているますね。 俗に言う「リベラル詐欺」です。 彼らの「人権」は他種の本来の生態活動を阻害する事に集約しています。 私達の存在自体が、自分達以外の種の絶滅因子であり 私達の生存の要である事実の前では、これまでもこれからも現在も、なるようになっている事が分かります。
     文化を守る為に戦うのは理性です。 他種と自種の区別をするのは そのまま理です。
    互いに 互いを尊重して 交わらぬよう先祖から継承してあるのは理から蓄積された知性です。 それがどうして継承されてきたのかを理解できるのが そのまま知です。
     先生は ヒントをくれた「ものと思って」おつむを人間に近づけましょう。
     もっとも わかっていなくて たんに書物に書かれたことを吹聴しているだけかもしれませんからね^^;

  5. 匿名 より:

    聖書の記述だとノアが箱舟に乗せた生き物のつがい以外は神様が洪水で全滅させたってことになってるな
    箱舟ったってその当時の全ての生き物を乗せるのは不可能だっただろうし、ノアが気付かなかった生き物もいるだろうし、つがいで乗せた生き物だってオスかメスのどちらかが不妊、もしくは子孫を残す前に死亡とかしていたらその種は絶滅しただろうし
    動物以外の昆虫とか植物とかはまず乗せていないだろうし
    だからキリスト教の神様は人間なんかよりもたくさんの生き物を全滅させているよ
    人間が残酷って言うならキリスト教の神様はもっともっと残酷だよね

  6.    より:

    ながなが 書いてしまいましたが そういうことです。
    間違いなく、種の絶滅を存在としているのは 人間だけです。 まぁ、明らかに他の生物全てと 違いますよね。
    その点において違うのです。 賢いわけでも神に選ばれたわけでもありませーん。
    服を着るのはなぜですか? もちろん他の生物だって 身にまとうものはいます。 でも明らかに違いますよね?
    何が違うのでしょう。 検証するポイントが 由来物質であったり用い方であったりするなら 違いが埋まりません。
    加工程度の違いというならば、むしろ他の生物のほうが能力も技術もその継承も優れています。
    が、明らかに違いますよね。
     絶滅因子そのものである自身を因子はそのままに十分活動させる服と 種を守る為の纏う行為との差です。
    巣作り、集落、インフラ すべてにおいて その点が明らかに違います。
    全ての点で 人間など足元にも及ばぬすぐれた知性と理性を持つ生物まみれの中で、人間だけその存在が異なります。
    そういったところに 気づく もっとも単純な 事実が「種を滅ぼす 生き物なんて人間だけ」ですね。

  7. 匿名 より:

    AがBを捕食するって場合はAのせいでBが絶滅することはないんだよね。Bの個体数が減ればAの個体数も減るから。
    ところが、AとBがCを捕食する場合はAが優先的にCを捕食することでBが絶滅する可能性がある。
    (外来種での在来種の絶滅はこの一つの例だけど、外来種の問題は人間が介在しないと起きない。)
    自然界ではある生物から突然変異の亜種が生まれたときに亜種の方が有利な場合は元の生物が滅んで亜種が生き残る。これを進化と呼んでるけど多種を絶滅させてるには違いない。
    結論:人間は他人を殺すが他の生物は身内を殺す

  8.    より:

    26656へ
     キリスト教の神様に限りません。 もともと昔から ええと、どんな人種の神もです。 物理現象や自然現象を示した 単語です。 今で言えば 酸化反応とか 雷、とか そういったものを引き起こす条件、因子を含めた「神」とで 学問となっていただけです。 概念といえば概念ですが、それが何なのかを説き明かす上で区別と性質に合わせた名称を共通で使っていたのですね。 ですから、神々なのです。 海を見て 波がどうして起こるのか 竜巻はどうして? どうして自分達は発生したのか。 死はどういったものなのか。 それぞれ神がつき、派生する現象には その子供がつきます。
    神同士の子供、海を統括するポセイドンと風の神の子供 竜巻。とか。海上でなければ 別の神と風の神の子供になるでしょ? あれは、神話っていうのは教科書です。 金の時代を継承できなった人類が まぁ、劣化人類はその神を現実世界でとられる事ができなくなり、学問も理解できず、もう一度 それらをヒントに教科書を作り直して銀の時代になりました。鉄の時代に入っている今は、もはや 神は「理解できる一部の人間以外」にとって ヒトの求める壮大な意思をもつファンタジーになってしまっています。 宗教とは、そのまま 教えなのです。 別段神の求める生き方などありません。
    まぁ、つじつまあわせの屁理屈で 神の求める生き方 神の命じた生き方と強弁もできる為 多く詐欺に使われてそのままになってますけれど、それが鉄の時代の宗教です。
    神が怒って 人間の都市を滅ぼしたりする。 しかし人間の傲慢さが原因ではありません。 明らかに違いますよね。
    しかし、傲慢さが原因である必要があります。 大人しく従わせるのが目的ですからね。
    どうよみといたところで、 神が導き 解き明かしてそれを用いた人間 言語の相互理解や技術の終結などをたっせいしたのに、何で怒ったの? 神(災害現象)が起こったのにすぎません。 ね?
    まだ どころか、永久に大規模な惑星規模のエネルギーに耐えうる 蓄積をなせない事を 嘆いているのであって、それで神をも凌駕したとかの傲慢さを戒めた記録ではないはずです。
    そして、最初に言ったとおり、環境が変われば そこで発生しその環境なりの継承をしていた生物は死に絶えます。
    現状から溶岩惑星になったら、死に絶えるといえばわかりやすいですね。
    氷河期に入ったら 多く死に絶えるといえば 少し難しくなるでしょうか。
    少なくとも惑星圏内ではない 宇宙空間には 生物が存在しません。 と言えば分かりますよね?
    発生する環境で 継承しているのが生物であり 生物が他の要素と別に存在するどころか、少なくとも惑星の一現象であり
    生物が現象としてある惑星ってのは 未だ他に知られていません。
    つまり、それほど かすかな どうでもいい現象とでも言えばいいのでしょうか。 そんなものです。
    残酷なのは 生き物限定です。 何せ感情や その有様を指して言うのですから。
    地面があったところで残酷ではないんです。
    その地面が燃えようが沈もうが ゆれようが 毒を吐こうが 残酷でも何でもありません。
    それこそ、それぞれの現象、神なわけです。
    われわれは そこに起こっている 一現象の「絶滅」を担う生物種ですね。
    違った環境(所詮地球上程度)で継承した、他民族であっても 違う継承(事実異種)が行われた為(同一文化でも種としての遺伝情報も違い生態も異なる)その存在が与える影響は「絶滅」です。
    悲劇回避のために 交流の仕方 交配の禁止を必死に太古から受け継いだはずなのですが、それも廃れましたので 現在のザマです。 もっと知恵を、もっと事実を、もっと理解を、もっと自分の種族の防衛を!
    互いにきっちり領分守って 犯すべからずを破った種にはそれ以外の全種で滅亡を与える 金の時代を目指すべきかと思います。 ま、もう銀から鉄への移行後期に入ってますから、望み薄ですけれどね。

  9.    より:

    26658へ
     外来種が 在来種を絶滅させた事例は存在しないのですが・・・ 理論で現実を捻じ曲げるのはどうかと思いますよ。
     人間を除いて、です。
     人間は在来種を絶滅させる際に、他の動物の性質も利用します。 それだけの事です。
     論法が間違っているから 成り立たないのです。 比較対象がずれていますよ。
     ええと、人間は 一定範囲にしか存在しない種を その種を捕食(絶命させる)する種を持ち込んで絶滅に利用します。
     生物に限りません。 田畑の害虫駆除に薬品を用いるのと同じです。
     人間にあるのは 意識している願望だけなのでしょうが、起こったことを見るとその性質は明らかです。
     願望がどこから来て、なぜそれを求めるようにできているのかは 永久ループとなるでしょうが
    何をして、影響により何が起こったかを見ると 種の絶滅ですね。
     木についていた虫が 流れ着いた島で猛威を振るったところで 在来種を絶滅させた事例はありません。
     そこに人間が関わっていたとしてもです。 問題は人間が継続して猛威を延長させたりする事で絶滅すると言う事です。
     それは、既に、外来種による絶滅ではなく、人間による絶滅です。

  10.    より:

    26649へ
     26658さんへのコメントで同時に述べたようなものですが、ヤンバルクイナは人間によって希少種となっていました。
     そこに更に 人間の願望によって ハブを退治するのに放たれたのがマングースです。
     人間がマングースを放たずとも、人間が存在する限りヤンバルクイナは人間自身の保護によってすら絶滅への道を無理に引き止められつつたどったでしょう。 トキがいい例です。
     しかしそこへ、更なる人間の願望によりマングースは放たれました。 代えようのない事実です。
     ヤンバルクイナを保護する人間の願望は 「服」と同じです。 自身の性質をそのままに自身は崩壊せぬように。
     そこで、放ったマングースを駆除する行動もとっています。
     これって、ヤンバルクイナも、マングースも 自身の願望を満たしつつ 滅ぼしている行動ですよね。
     これは既に、外来種による絶滅ではなく、人間による絶滅です。

  11. 匿名 より:

    絶滅危惧種に認定されている動物がいます。絶滅に追い詰めたのは他の野生動物ですが、人間がバランスを大きく崩したため勢力図が代わり絶滅危惧種に至るまでに追い詰められたと推測出来ます。基本的に弱い動物は数が多く、強い動物は数が少ないのですが、緑や水の豊富さのバランスを人間が崩した為に起こった悲劇です。しかし人間も生きるために他の動物を食べます。お互い様といえばお互い様。今は人間が圧倒的な強さというだけ。素手なら大型動物に負けますが。

  12. 名無しさん@ニュース2ch より:

    天災なんかで生態系狂って捕食者が被食物食いまくって両方絶滅する例なんてあるだろ

  13. 匿名 より:

    人間が絶滅させたって証拠がある事例は一つも無いよ。
    多分最後の個体だろうと思われる生物の死亡を見届けたのがいくつかあるだけ。

  14. 匿名 より:

    はて?
    有袋類はオーストラリア以外では有胎盤類によって絶滅しているはずだが?

コメントする

著しく公序良俗に反するコメントはお控えください。