• 話題のニュース
  • 注目のニュース
  • 事件

    【悲報】イヤホンで音楽を聴く→音漏れする→JASRAC「不特定多数に放送している!使用料を払え!」

    【悲報】イヤホンで音楽を聴く→音漏れする→JASRAC「不特定多数に放送している!使用料を払え!」

    1: 名無しのお客さま
    ヤクザかな?
    なお徴収した金は闇に消える模様

    3: 名無しのお客さま
    893よりタチが悪い

    7: 名無しのお客さま
    商売目的じゃなければせふせふ

    10: 名無しのお客さま
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20091115/Cyzo_200911_post_3188.html

    アーティスト「自分の経営する店で自分の作詞作曲した曲を演奏するぞ!」
      ↓
    カスラック「使用料払え」
      ↓
    アーティスト「は?これ俺の店で俺が作った曲だぞ?」
      ↓
    カスラック「払わないなら裁判だから」
      ↓
    アーティスト「ふざけんなよ!じゃあ徴収した金がどの著作権者に支払われるものなのか教えてくれたら払ってやるよ!」
      ↓
    カスラック「それは企業秘密です」

    これをヤクザと呼ばずになんと呼ぶのか
    徴収した金の行き先が企業秘密ですってww
    ある意味ヤクザよりタチが悪い

    12: 名無しのお客さま
    ぼったくった金が作曲者にも行かず作詞者にも行かず歌い手にも行かずレコード会社にも行かない・・・

    あっ・・・(察し)

    16: 名無しのお客さま
    裁判で勝てねえのかねえ

    19: 名無しのお客さま
    雅楽のやつも

    21: 名無しのお客さま
    >>19
    これだな

    JASRACが千年以上前の曲に使用料を要求
    http://www.j-cast.com/2012/12/13158142.html?p=all
    雅楽演奏家の岩佐堅志さんは2012年12月12日、ツイッターに「JASRACから電話がかかってきた」としてその内容を書いた
    9月に兵庫県西宮市で開催した公演に関して著作権使用料を申告するように言われたという
    「雅楽に著作権はありませんよ」と答えたが相手は「たとえ著作権フリーでも書類は提出してもらいます」の一点張り
    しかも電話口では「ががく」を「がらく」と言い間違えており、岩佐さんは不信感をもったようだ
    そして「書類を出さなければ裁判沙汰になりますよ」と脅され一方的に電話を切られたという
    ちなみに千年も前の曲なので著作権なるものは存在せず、今回はJASRAC側のミスという形で決着がついた

    もし岩佐さんが不信に思わず要求に答えていたらと思うとゾッとする
    そもそも「がらく」って・・・仮にも著作権協会ですよね?

    20: 名無しのお客さま
    メジャーで活動しててレコード会社と契約してる場合、曲の権利は作詞作曲者だけのものじゃないんやで

    だから独断で商業利用したらアウトなんやで

    23: 名無しのお客さま
    ひどすぎだろwww

    24: 名無しのお客さま
    あるあるだよね!

    参考元:http://2ch.sc/

    -事件

    Copyright© でぃあんどる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.