【観覧注意】恐怖の寄生虫「スナノミ」 人間の体に侵入し卵を産み付け幼虫が人体を食い荒らす(※動画あり)

2015年7月27日 21:30

【グロ注意】恐怖の寄生虫「スナノミ」 人間の体に侵入し卵を産み付け幼虫が人体を食い荒らす

tunga-eggs.png
1: 名無しのお客さま
夏になると開放的になるのは、人間だけではない。恐ろしい寄生虫の多くもまた、宿主を求めて活動を本格化させるのだ。今回は、人間を含めた哺乳類に
寄生する代表的な生物であるダニのなかでも、皮膚に穴を開けて卵を産みつけ、感染症を引き起こし、最悪の場合には宿主をタヒに至らしめるという最凶の存在「スナノミ」の恐ろしさに注目してみよう。
今月12日、動画共有サイト「LiveLeak」で公開されたこの映像は、スナノミに寄生されてしまった足の様子を収めたものだ。もはや見る影もないほどに腐敗し、肉片としか
喩えようのない悲惨な状態となっている。ナイフを用いてタヒんだ組織を剥ぎ取っているようだが、果たしてそんな行為にどれだけの効果があるというのだろう。まさに悪夢の光景だ。
アフリカや南米、インドに多く生息するスナノミ。寄生された人間は、猛烈な痒みと痛みで、歩くことや眠ることさえままならないという。皮膚に開いた穴で卵が孵化すると、
幼虫は血液を吸いながら成長、そして再び卵を産むというサイクルを繰り返しながら、やがて数えきれないほどの数に繁殖していく。寄生場所は人間の足裏であるケースが多いが、
身体のどこにでも寄生する可能性があるようだ。
 そしてこの「スナノミ症」が重篤化すれば、身体が衰弱して命にも危険が及ぶ。多発地域では、患者やその家族が差別を受けることもあり、深刻な問題となっているという。該当地域に
渡航する予定のある方は、くれぐれも裸足で歩くことがないよう心がけて欲しい。
(編集部)

http://tocana.jp/2015/07/post_6860_entry.html
https://www.youtube.com/watch?v=PxLDxaeXVoE


https://www.youtube.com/watch?v=3SdWQg7-s80


11: 名無しのお客さま
怖くて>>1の動画が見れない
どんなん?

14: 名無しのお客さま
>>11
皮膚が食い荒らされると同時に硬質化してる
皮膚全体が黒く焦げた魚の目になって、治療シーンはそれをほじくり返してる感じ
寄生虫の姿とかは見えない

18: 名無しのお客さま
>>14
ありがとう

読んだだけで吐きそうです

3: 名無しのお客さま
>患者やその家族が差別
いや避けなきゃまずいだろそりゃ

6: 名無しのお客さま
ダニなのにノミなの?

8: 名無しのお客さま
何そのホラーマンガみたいな設定は

16: 名無しのお客さま
ぐっろ!!!

20: 名無しのお客さま
ウマバエも凄いなあ。
蚊に寄生して吸血で体内に入り、幼虫が食い荒らすってからなあ。
no title

21: 名無しのお客さま
なんでこういうのここまで放置するんだろう
何か入ってるのわかるんだから自分でほじくり出そうとしないのかな?

36: 名無しのお客さま
>>21
お前はそうするの?

44: 名無しのお客さま
>>36
俺は吹き出物でも傷に膿が溜まった奴でも自分で潰すの好きだから、こんなの1つできた時点でほじくり出して潰すだろうな

24: 名無しのお客さま
https://www.youtube.com/watch?v=RRX4UiVXpsU


この猿に寄生した寄生虫でかすぎwしかもめっちゃ数多いし

48: 名無しのお客さま
>>24
ウマバエ、ボットフライとかでググれば沢山でるよ

30: 名無しのお客さま
no title

38: 名無しのお客さま
>>30
キラーン!ってなってるところが無駄にかっこいいなw

63: 名無しのお客さま
>>30
ウエエw脳みそかと思った!

61: 名無しのお客さま
おえぇぇ

62: 名無しのお客さま
寝る前に開くんじゃなかった

85: 名無しのお客さま
これは悪夢だわ

1000: 殿堂入り人気記事(・∀・`)ノ !!

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    動物界と言うのは体の大きさに比例して生命力を持ってる。
    大きい動物が小さい寄生虫にころされる、と言う事はそれに見合うだけの数がいるって事だ。
    死んだサルの体内には恐らく数万匹の・・・おええええ

  2. 匿名 より:

    黒人の奴の処置雑だな
    白いの虫だろ
    埋まってる状態で虫を潰してやがる
    猿のも凄いな
    1つの穴にデカいのに4匹も入ってるとか

  3. 匿名 より:

    ウマバエの幼虫取るの楽しそうだ

コメントする

著しく公序良俗に反するコメントはお控えください。