【胸糞注意】素敵な胸糞話の数々を提供する(※画像あり)

2016年5月28日 08:03

胸糞悪い話が好きな人に素敵な胸糞の数々を提供したい

30181179
1:
胸糞悪い実話と創作物を色々と紹介してく

3:
明日は日曜日そしてまた明後日も

(漫画)

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




藤子不二雄Aの作品

甘やかされて育ってきた主人公は、中身は子供のまま体だけ大人に成長した
そんな主人公がようやく就職し、途中まで親に付き添われ初出勤
甘やかされ続けて育った主人公がまともに出勤できるはずもなく、あわれ会社の前で警備員に追い返されてしまう
その後も会社に行こうとするが、初日の失敗体験が尾を引いて出勤できず
最後にはあわれ引きこもってしまう

明らかに育て方を間違ったのに自覚のない両親
異物を拒絶する構造の日本社会
失敗体験を引きずり再起できないニート

短いながら数々の社会現象を問題提起する名作

33:
>>3
いきなり鬱になりそうなんだが

4:
これは期待

5:
プリキュア爆破予告冤罪疑惑

(実話)

http://daily-news.jp/2015/08/05/i-was-jealous-of-anime-character/

2015年3月、東京都新宿区の映画館の爆破を予告する内容をTwitter書き込みし、
映画館の業務を妨害した 22歳の大学生を、警視庁が偽計業務妨害の容疑で逮捕した。
容疑者は人気アニメ「プリキュア」が新宿区の映画館で公開される2日前に関係者のTwitterに
爆破予告を書き込み、業務を妨害した疑いが持たれている。

当然この容疑者は2chを筆頭に様々な場所で叩かれた
だが2chにはこの件について気になる書き込みもある

170 :名無しさん@1周年:2015/08/05(水) 14:01:31.80 ID:A3ntWwQN0
実はこの容疑者の子と知り合いなんだけど
プリキュアとか見るタイプじゃ全くないんだよなぁ
アニメ一切興味ない感じだったし、一度もそんな話聞いたことない
ぶっちゃけ今の生活に不満とか聞いたこともなかったし
何でこんな事したんだろ

812 :名無しさん@1周年:2015/08/05(水) 23:17:02.64 ID:xwKuPPx50
○○と同じゼミだったんだが、アニメなんて見てないぞ
もっぱら登山とかキャンプが趣味で、アニメマンガは見ないって言ってた
プリキュアなんて間違いなく見てないと思うんだが…

「映画のキャラクターたちが一生懸命で元気で明るく
前向きなところがうらやましくなり、好きな気持ちが嫉妬に変わった」
↑こんな事間違いなく言わない
なんで容疑者になってんのか信じられん…


822 :名無しさん@1周年:2015/08/05(水) 23:37:19.35 ID:A3ntWwQN0
>>812
それな

>映画のキャラクターたちが一生懸命で元気で明るく
>前向きなところがうらやましくなり

本人自身も十分明るくて前向きだし、早々に就職も決まって前途洋洋だったはず
普通に彼女もいたし、本人を知ってる人間にとっては疑問しかない

6:
続き

警察は過去に幾度も、PCを遠隔操作されて犯罪予告を書き込まれた人間を誤認逮捕している
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%91%E3%BD%E3%B3%E3%B3%E9%A0%E9%9A%E6%8D%E4%BD%9C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

遠隔操作は冤罪の温床であるにも関わらず、今だ蔓延し続けている
誤認逮捕の被害者は世間に無罪が知れ渡ることなく一生を終えていく

今回のプリキュア爆破予告の容疑者の供述は、冤罪被害者が取調室で強要された自白内容に酷似している

>映画のキャラクターたちが一生懸命で元気で明るく
>前向きなところがうらやましくなり


この件が再捜査される可能性はないだろうが、十分にキナ臭い事案である事は間違いないだろう

9:
ゆっくりいじめ

(イラスト、漫画、小説)
no title

no title

no title


饅頭生物ゆっくりがいじめられる作品

ゆっくりは非力で頭が悪く、ちょっとした事ですぐ死ぬ
その上性格も悪く、人間の家に忍び込んで自分の住処にしようとしたり人間を奴隷にしようとする
そんなゆっくりに業を煮やした人間が、ゆっくりを虐待する作品が数多く存在する
腹が立つゆっくりをいたぶる快感は世に広まり、ついにゆっくりいじめという一大ジャンルを築き上げた

小動物が虐待される胸糞悪さを味わえる反面、ゆっくりいじめに嵌ってしまう人もいるらしい

10:
隣の家の少女

(小説、映画、実話)

1958年のアメリカのとある田舎町。
12歳の少年デヴィットの隣の家に住む女性、ルースのもとに、両親を亡くしたという快活な美少女メグとその妹で肉体的な障害のあるスーザンが引っ越してくる。
デヴィットはすぐにメグに心を奪われるのだが、同時期、姉妹がルースによって折檻を受ける現場を目撃しショックを受ける。
ルースの虐待の矛先はやがてメグにより鋭く、偏執的に向けられるようになり、ある時メグは地下室に監禁され、ルースと彼女に扇動された彼女の息子、
そして近所の少年たちによって酸鼻を極める凌辱と虐待を受け衰弱していく。
ただ傍観し続け、助けることもしないデヴィットはそれでもある時メグを脱走させようとするが…



あらすじだけで胸糞悪くなる小説
映画化もされているほどメジャーな作品だが、なんとモデルとなる実話が存在する
地下室に少女をつるし、ナイフで切り刻んだり針で文字を刻んだりと残虐な事件
日本でいうコンクリ事件や名古屋アベックと同等の胸糞事件なので、詳細を調べようと思っている人は注意が必要かもしれない

12:
花より男子

(漫画、ドラマ)

少女雑誌に掲載されていた有名な漫画
松潤主演のドラマにもなっているので知っている人は多い

イケメン金持ちの四人組とヒロインを取り巻くドタバタ恋愛劇がメインだが、その裏には被害者も数多く存在する
イケメン金持ち四人組は学校で幅を利かせており、気に入らない人間を徹底的にいじめて退学に追い込むという遊びを繰り返している
いじめを注意した正義漢も面白半分で退学に追い込まれたり、一生ものの障害を負わされたりしている
その闇の部分には大して触れられず、ヒロインとのギャグ色強い恋愛劇場が進んでいく様子は胸糞もの

16:
恥と屈辱の交差点

(小説、絵)

http://hajiandchijoku.x.fc 2.com/kozue.html

女の子に過激な一発芸を強要したり、生活を支配する様子を描いた胸糞小説
罪もない女の子が被害者という点が胸糞もの
クールビューティーや地味子、清楚な子がひたすら恥ずかしい姿を晒すと言えば聞こえはいいが、性的な恥ずかしさを期待するとしっぺ返しを食らう

DQN女子高生グループのたまたま傍にいた女子大生が、大した理由もなく拉致され暴力に晒される
裸にされてコマネチや動物芸、下ネタ一発芸を動画に撮られ、弱みを握られてあわれ家畜にされてしまう女子大生
彼氏や知り合いの前でヨゴレ芸人顔負けの恥ずかしい芸をやらされる胸糞展開が待ち受けている

こんな感じの小説や絵が山ほど掲載されている謎サイト

18:
ミスミソウ

(漫画)

no title


数あるいじめ漫画の中でも胸糞悪さでは群を抜いた存在
主人公はいじめで家を焼かれ、母親を殺され、証拠隠滅に自殺を強要される
度を越えたいじめの数々に業を煮やした主人公は、いじめっ子達を次々に制裁していく
あわれいじめっ子は次々無残な死を遂げていく

後半スカッとするように思えるが、前半の胸糞描写の度が過ぎていてトータルで言えば胸糞
ありがちないじめ漫画と違い、救いの一切ない過激で残虐ないじめ描写が見所

21:
スマイリーキクチの冤罪被害

(実話)

http://laughy.jp/1409132606364127539

コンクリ殺人と言えば胸糞悪い事件で有名
この事件の二次被害を蒙った、毒舌芸人スマイリーキクチのエピソード

ネット上で「キクチは犯人の一味」という根拠のない書き込みが拡散してしまった
普通なら黙殺されるような話だが、元刑事の出した暴露本等にキクチと犯人の共通点が見られたことからキクチを叩く流れが出来てしまった
キクチはネット上で誹謗中傷され、しまいにはあわれ逮捕者まで出てしまう大騒動に発展した
中傷で逮捕された者達は、どこにでもいる特徴のない会社員や主婦だったらしい

23:
エドワード・ゴーリーの創作

(絵本)

エドワード・ゴーリーという不気味な絵本を書く作家がいる
胸糞成分もあるが内容がなかなか面白い

「不幸な子供」
あまりの不幸の連続に、読者は最終的には主人公がどこかで助かることを想像せずにはいられないが、
結局は不幸のままで物語が終わっており、不幸の連鎖と救いようのない主人公を徹底的に描いた無類の傑作との評価もある


「うろんな客」
とある家庭に見たこともない奇妙な生物が入り込み、食事の輪に加わったり、家の中を歩き回ったり、
様々ないたずらをしたり、わけのわからない行動を繰り返しつつ、17年以上も家に居つくという物語。


不気味だがちょっと面白いので、胸糞入門編にはうってつけかもしれない

27:
やったねたえちゃん

(漫画)

no title


有名すぎるほど有名な漫画
といっても一部のコマだけが有名すぎて、どんな話か知っている人は意外と少なかったりする

たえちゃんが幼少の頃、母親がたえちゃんを施設に預けてしまう
その時に母親がたえちゃんに渡したぬいぐるみ(コロちゃん)こそが、有名なコマのあのぬいぐるみ

その後たえちゃんはあわれ親戚の悪いおじさんに引き取られ、性的虐待を受けることになる
界隈ではよくあるエロ漫画なのだろうが、そこに至るまでのけなげなたえちゃんの描写が泣かせる

30:
金魚王国の崩壊

(漫画)

http://www.goldfishkingdom.client.jp/index.html

駄作も多く玉石混交なウェブ漫画界において稀に見る名作
主人公の女の子は生き物を愛するあまり拒食症になってしまい、家族に心配される

同級生の男の子がいたずらでバッタの手足をもぎ取り、可哀想に思った少女はバッタを10円で買い取る
それに味を占めた同級生はバッタの手足を次々にもぎ取り、少女に売ろうとする
激怒した少女は同級生に殴りかかり、問題児扱いされて余計心を閉ざす

別のシーンでは、女の子が飼っていた金魚を放流してあげようと町をさまよう
炎天下で次第に衰弱していく金魚を、少女は泣きそうになりながら見守る
結局少女は警察に保護されるが、金魚の運命はあわれお察し

そんな事があるたびに少女は立ち直ったり塞ぎ込んだりするが、感情の起伏が伝わってきて面白い
胸糞悪いが楽しいという矛盾を味わってこそ、この作品の良さがわかるだろう

31:
いじめてくん

(漫画)

知る人ぞ知る吉田戦車の作品

戦争中に作られたいじめてくんは、思わずいじめたくなる容姿を持った秘密兵器
いじめられて爆発してもすぐ元に戻る機械でできたロボット爆弾・いじめてくんの冒険、そして成長物語

ギャグマンガというジャンルに分類されてはいるが、内容は胸糞
そもそもこのマンガをギャグマンガと認識している人が多い事自体が胸糞悪い

同系統のねこぢる劇場も推薦しておきたい
猫が同級生の豚を家畜にしていじめ倒す胸糞悪さはいじめてくんに匹敵する

32:
代々木公園チャリティーライブ騒動

(実話)

ニコニコ動画を拠点に活動している「歌い手」が、3.11の直後に被災地でライブを強行
避難場所の公園でライブを行ったために、ファンたちは楽しめたが一般の避難民が迷惑を浴びることになってしまった
さらに参加者や視聴者がゴミを放置したため、避難場所(ライブ会場)にはゴミが散乱


開催者や関係者、ファンの声
・また、開催地に代々木公園を選んだ理由は、皆さんが仰っていた事をそのまま倣う形になりますが
「緊急時避難地」だったからです。
もしも何かあった時には、その場がそのまま自分たちの避難場所になり得たからです。
・ 主催者AB「路上ライブ楽しかった」
 主催者C「盛り上がったwww」
・聞きたくないなら移動すれば良いと思います
・今回の企画について、公園側の許可は得ておりません。
踏むべき手順を踏まなかった点は、こちらから弁明のしようもありません。
また、後々に同様の企画をお考えの皆様の行動を妨げる結果になって居ましたら大変申し訳ありません。

35:
>>32
こういうのくそ腹立つ
歌い手とかいって何様だよ

34:
絶望の世界

(小説)

http://aaaaaa.ojiji.net/nikki1.html

序盤はいじめを主題にした日記形式の胸糞展開
ミスミソウほど残虐ではないが、虫と呼ばれたり虫を食わされたりするそこそこ胸糞悪い展開が続く

この小説の見所は中盤以降
ただのいじめ小説かと思いきや、意外な伏線や驚愕の展開が待ち受けている
あの台詞やあのシーンはこのための伏線だったのかと驚かされる名場面の連続
胸糞と爽快感を交互に味わえる大傑作
途中でやめられなくて徹夜で読んでしまう人が続出

37:
撮り鉄の暴挙

(実話)

no title

no title



撮り鉄とは、鉄道を撮影する事に命を賭けるオタクの事である
画像は撮り鉄が撮影中に横切った親子を脅し、子供を人質にとって母親に土下座を強要するという胸糞事件の様子
この他にも私有地の木を勝手に切ったり、寂れた鉄道の数少ない利用者の女の子にポーズを強要して写真を撮ったり
撮影の邪魔になる駅員や通行人、通行車両に罵声を浴びせる等の暴挙に出る撮り鉄もいる
あまりの酷さに、ついに鉄道公式アカウントが撮り鉄に駄目出しする事例すらあるほどだ

撮り鉄で検索すると、怒号飛び交う動画がいくらでもヒットする
一部の撮り鉄のせいで全体が悪く見られるのは悲しい事である

40:
>>37
この鉄ヲタ逮捕されなかったのか?
誘拐+強要罪だろ

38:
地獄少女

(アニメ)

数年前に放送されたアニメ
無罪の野球少年が人殺しの罪をなすりつけられたり、近所のおばさんが犬を殺したりと胸糞エッセンスは十分
基本的に全編通して胸糞悪い話が多いが、ミスミソウ級の100点満点胸糞はないという印象
入門編にいいかもしれない

39:
狂気太郎

(小説)

http://madtaro.net/father.htm

胸糞悪い小説と普通に面白い小説が混在する興味深いサイト
胸糞悪さを求めるなら「お父さん」という作品がいい
絶望の世界と同じようにいたぶられて殺された少年の父親が、加害者に復讐する話
文章が上手で読みやすく、スカッとする要素もあるので初心者におすすめ

41:
永遠の仔

(ドラマ)

同じ小児精神病棟に入院していた3人の男女が、18年後再会し連続幼児わいせつ事件に巻き込まれていくストーリー
虐待や老人介護、パワハラ、ブラック勤怠、同性愛
これでもかってほど社会現象を詰め込んだ名作胸糞ドラマ
昔の作品だが今でもショップにDVDが並んでいるので胸糞愛好家の皆さんにはぜひとも見て頂きたい

42:
空が灰色だから

(マンガ)

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title



面白い話と胸糞悪い話が混在する稀有な作品
ここで紹介するのは野球部員と女の子のすれ違いの話
どうやらこの話は見る人によって胸糞ポイントが違うようで、ピッチャーに苛立つ人もいれば女の子に苛立つ人もいるらしい
これ以外にも胸糞悪い話も充実している上普通に面白い話も多いので、胸糞初心者におすすめしたい

43:
ハセカラ騒動の二次被害

http://fukasoku.jp/archives/1039302195.html

ハセカラ騒動についてはグーグル先生参照のこと
そのハセカラ騒動を批判した学生が、ネット民から叩かれ
過去のツイートから住所や所属するサークルなど特定され、自宅のマンションにはシールが貼られる
挙句の果てに何者かがサークルの部室に侵入
サークルのTwitterアカウントを乗っ取られた上、Googleドライブに保存していた名簿や部室に置いていたサークルノートがスキャンされ公開される
行き過ぎたネット民の行為の怖さを教えてくれる胸糞エピソード
スマイリーキクチ冤罪事件とあわせて教訓にしてほしい

44:
最後に>>1ですら吐き気を催す胸糞事件を紹介





北九州監禁事件

(実話)

http://p.twpl.jp/show/large/xTvJm


コンクリや名古屋アベック、尼崎洗脳にも勝るおそらくは近代日本史上最悪の事件
加害者は被害者一家の弱味につけこんで虐待と拷問を繰り返し、
一家の全財産と生活を管理した上に家族を相互に殺し合わせ、死体処理までさせた
子供にすら一切の情けはかけられず、真面目で優しく家族思いな者ほど酷い目にあわされたという
非常な残虐性・悪質性にも関わらず、あまりの残虐さに報道規制がかけられたせいで実は知名度は高くない
胸糞好きな>>1ですら拒否反応でサブイボが出るほどの胸糞事件

45:
以上です
やはり実話の破壊力は高いようで
>>1も胸糞創作は好きだが、実話はどうしても受け付けない物が多い

今日は初心者向けの胸糞作品を多く紹介した
これを期に新規の胸糞愛好家が出てくれる事を切に願う
夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました

47:
冤罪系のはなんともな

    【画像】坂口杏里のAVが発売!! 乳首とケツが汚すぎると話題にwwww
1000: 殿堂入り人気記事(・∀・`)ノ !!

コメントする

著しく公序良俗に反するコメントはお控えください。