トランプ当選で狂い出したまんさん「まんこの力!」「まんこの反乱!」「私たちはまんこ!」

【悲報】反トランプ派「まんこ!」「まんこの反乱!」「私たちはまんこ!」「まんこの力!」
slide_513694_7218048_free
1

:

「プッシー(女性器)」という言葉が、氾濫していた。プラカードで頻繁に使われていた言葉だからだ。
 ピンクの色も氾濫していた。ワシントンの中心街は、見渡す限り、ピンクの毛糸帽「プッシーハット」の波だった。

no title

 1月21日、「ウーマンズ・マーチ」と名付けられた反トランプデモの取材に出かけた。
 朝、宿を出て、バス停で最初に出会ったのは、このプッシーハットをかぶった5人連れの一家。彼らが持っていたお手製プラカードがまず、「プッシーの反乱!」。丁寧に、子宮のイラストまで付いている。

no title

no title

 ピンクの波は、プッシーという言葉が連なるプラカードも持参してきていた。
「このプッシーは、つかみ返すわよ!」
「私たちは、プッシー」
「私の性器のことは、私が決める」
「私の将来は、私のプッシー、つかませたりしない」
「プッシーの権利は、人権」
 さらに、女性も男性も、老いも若きも声を合わせて何度もこう叫ぶ。
「私の(彼女の)バジャイナ(女性器)、私の(彼女の)選択!」
 南部テキサス州から訪れていた若いビジネスウーマン、アイリーン・フラニガンに聞いた。
「プッシーとかバジャイナという言葉が飛び交っているのを、どう思う?」
「私だって、普段は使わない言葉だけど、今は『言わなければいけないことを言う』時なの。これがジャスティス(正義)だと思うわ」

 世界中の参加者が、「トランプ時代」を迎え、それを乗り越えて「前に進もう」という勇気を得た。
これまでは、トランプ氏とその側近から発せられる敵対的でネガティブなニュースに困惑していたが、何百万人もの人が連帯したことで、いいデトックスになった。
反対するだけでなく、何か前向きな行動を引き起こそうという引き金になったイベントとして、人々の心に残るだろう。

引用元:「プッシー」を公用語にした反トランプデモ(現地ルポ)

24

:
>>1
これがジャスティスだ!

笑わせんな
ほんとこれ系の連中って正義とか好きだなー

68

:
>>1
プッシーパワーメイクアップ!
171

:
>>1
一枚目、まず飛び込んでくるのがババアの群れって、どういうことだよこれ
254

:
>>1
すごく・・・下品です
285

:
>>1
見たらマジでスレタイそのものでワラタ
287

:
>>1
なんJのオフ会です
3

:
画像がスレタイより酷いって
11

:
>>3
スレタイが負けているだとw
318

:
>>3
わろたわ
350

:
>>3
これwwwww
439

:
>>3
ま~~ん(笑)って書こうとしたら遥か上を行かれて戦慄してる
7

:
こんな奴が権利主張してるからな
no title
16

:
>>7
酷い
116

:
>>7
こんなん中小ブラック企業から逃げてきた社員が、超大手の優良企業に救済措置で拾ってもらって、他の社員と同じ待遇にしろやって言ってるようなもん。
難民問題は解決すべき問題だが、感謝や謙虚さが何もないこんなタイプの難民なら、うちの国から出てけとそりゃ言いたくなるわ。
389

:
>>7
シリア国民の生活を保障するのは世界でシリア国家だけ
他国に扶養義務はない
仲間を見捨てて自分だけ助かろうと逃げた卑怯者は野垂れ死ぬのが相応しい
14

:
もっと黒ずんで汚らしいくせに図々しいなぁマンコは
413

:
>>14
白人
18

:
おばちゃんはちょっと
19

:
女性のことをマンコって呼ぶのやめてくれない?
言われた側のキモチとか考えたことないの?
正直不愉快
108

:
>>19
スマンコ
130

:
>>108
氏ね
33

:
底辺美大の文化祭みたい
111

:
やっぱまんこはまんこだな
121

:
お前ら批判ばっかしてるけど、アメリカでは声をあげた者が勝つんだぞ
日本人みたいに意見を持たずにヘラヘラ笑ってるだけのやつは、死んでいる者として扱われる

日本だと声をあげた者は潰されるが、アメリカだと声をあげない奴は殺される
アメ公の声がデカいのは、あいつらなりの生存戦略なんだよ

125

:
昔、プッシーを押し出し力士と翻訳した翻訳家が居たらしいな。
294

:
>>125
戸田奈津子せンせぇ、何してはるンですかっ!?
271

:
no title

2 件のコメント

  • 何で未だにトランプが暗殺されていないのか不思議でならない。
    絶対パレード中に狙撃されると思ったのに。
    今時のテロリストは優し過ぎ。

  • コメントを残す