• 話題のニュース
  • 注目のニュース
  • エロい話題

    【衝撃】仕事を優先し37歳で結婚した女性した女性の末路

    仕事を優先し37歳で結婚した女性  医師に「卵子は老化します。妊娠は無理」と告げられ号泣

    ol19.png

    1: 名無しのお客さま
    「卵子老化」もっと早く知っていれば、社会に響く夫婦の慟哭…
    不妊治療費1500万円「暗いトンネルを、ただ歩いていた」

    大阪府に住む矢川道子さん(48)は、ちょうど2年前、
    約10年にわたる不妊治療にピリオドを打った。

    長い治療の道のりを振り返るとき、4年前、
    6つ目に訪ねた診療所で医師から告げられた言葉を、
    今も忘れることができない。
    「卵子は老化します。その影響で、妊娠が難しくなっています」
    「卵子の老化」という聞き慣れない言葉に、
    自らの希望が阻まれるとは思ってもいなかった。

    8歳年上の会社員の夫と結婚したのは平成14年、37歳のときだった。
    それまで得意の英語を生かした仕事にやりがいを感じ、
    婚期より仕事を優先していた。結婚を機に退職。
    子供は自然に授かるものと思っていたが、兆候は現れなかった。

    半年後、不妊治療を始めた。
    16年と19年に2回妊娠したが、いずれも流産。
    「そんなはずはない。何でもするから子供を助けて」。
    泣きながら医師に懇願した。

    支えであるはずの夫も攻撃の対象となった。不妊治療の費用総額は1500万円超。
    貯金は底を突き、借金もした。
    「暗いトンネルをただ歩いている」と感じていた。

    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140422/wlf14042213560018-n1.htm

    19: 名無しのお客さま
    >>1
    これだけのエリートがさ、「高齢だと妊娠しにくいの知らなかった」
    とかさ、どうも嘘臭いよな
    大体、高卒の女でも知ってる知識なのにな

    24: 名無しのお客さま
    >>19
    この手のおばさんは医学の進歩=いつまでも産めると脳内補正して生きてる。
    で、女なので論理的に否定しても無駄。仕事デキる女への嫉妬って脳内補正
    して発狂し始める。

    242: 名無しのお客さま
    >>24
    的確すぎてわろた

    6: 名無しのお客さま
    37だったら夫と二人で人生楽しくに切り替えれば良かったのに
    子供を産むって本能は捨てきれないのかね

    16: 名無しのお客さま
    >>6
    本来女のおっぱいは男に揉まれるためにあるんじゃないからな
    子供を産み育てるためにある
    使いたいと思うのが本能なんだろう

    10: 名無しのお客さま
    そんなに子供ほしいかね?出来たらかわいいんだろうけどさ

    71: 名無しのお客さま
    >>10
    出来ないと思うと余計に欲しくなるのかもしれない

    13: 名無しのお客さま
    その分、お金になったでしょ
    納税も大変だっただろうけど

    25: 名無しのお客さま
    ある意味若いうちに出産する、ヤンママこそが本能に忠実で
    正しい動物としての生き方だよな

    31: 名無しのお客さま
    >>25
    動物は環境にどれだけ適応出来るかが大事だけど
    野生的魅力に惹かれて若婚しちゃうのは脳みそが草原時代のままの列島種だよ

    42: 名無しのお客さま
    養子でも貰って育てろ。

    72: 名無しのお客さま
    50歳過ぎて妊娠する女も居るけどな

    75: 名無しのお客さま
    >>72
    初産は厳しいだろ

    78: 名無しのお客さま
    子供を産めない女なんて生きてても仕方ないんだから死ねば良いのに。

    102: 名無しのお客さま
    >>78
    優秀な遺伝子持ってない男も不要だね
    優秀な男が種付け頑張ればいいもん

    806: 名無しのお客さま
    子供をプラモデルみたいに作れると思うなよ

    参考元:http://2ch.sc/

    -エロい話題

    Copyright© でぃあんどる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.