• 話題のニュース
  • 注目のニュース
  • エロい体験談

    【悲報】 9本の指失った登山家(※画像あり)

    【国際】 9本の指失った登山家・栗城史多さん、エベレスト挑戦へ21日出発

    i2SRWMxs.png
    1: 名無しのお客さま
    [ 2015年8月18日 19:20 ]

     世界7大陸最高峰制覇を目指す登山家の栗城史多さん(くりき・のぶかず=33)が今年、5度目となる秋季エベレスト(8848メートル)にネパール側から単独・無酸素登頂に挑戦する。21日に日本を出発し、9月中旬から下旬ごろに登頂を目指す。

     栗城さんは2012年10月に4度目の挑戦を行ったが、8070メートル地点で強風のため登頂を断念。下山途中に両手、両足、鼻が重度の凍傷となり、両手の指9本を失った。
    リハビリとトレーニングを続け昨年、世界12位高峰ブロード・ピーク(8047メートル)の単独無酸素登頂に成功し、復帰を果たした。その後も富士山や標高6000メートルに設定した低酸素室でトレーニングを重ねてきた。

     挑戦にあたって栗城さんは「人は成功と失敗という結果だけを見がちですが、成功も失敗も超えた“成長とチャレンジすることの楽しさ”を、このエベレスト挑戦から多くの人々に伝えていきたいと思います」と意気込みを見せている。

     エベレスト挑戦の模様はインターネット中継される予定。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:スポニチ Sponichi Annex http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/18/kiji/K20150818010960840.html

    125: 名無しのお客さま
    >>1
    山男は、何度か命が助かっても結局山に行く。
    タヒぬまで止めることはない。山でタヒぬしかない。
    山男に惚れるなというのは真理だ。

    496: 名無しのお客さま
    >>1
    サポートがあればイモトでも登れることが明らかに…

    2: 名無しのお客さま
    あと1本 あと1本

    4: 名無しのお客さま
    最後は山でタヒぬんだろうな
    植村みたいに

    311: 名無しのお客さま
    >>4
    本望なんだろw
    周りは迷惑だがな

    5: 名無しのお客さま
    マゾなのかな登山家ってw
    登山とかどうみても罰ゲームなんだけど

    24: 名無しのお客さま
    >>5
    スポーツ全般マゾ体質だろ
    ストイックに挑むわけで
    マラソン、格闘技、ボディービルダーも
    登山もスポーツじゃないのかな達成感が大好物なんだろうな

    292: 名無しのお客さま
    >>24
    ファミコンのクライマークライマーで補助器具を使わず純正コントローラーだけで全クリの方がマゾだし難易度も高いぞ

    77: 名無しのお客さま
    >>5
    登山家って登山そのものに執着してるイメージがあるな。他のメジャースポーツだと成功の先にある称賛とか金銭、名声が第一になってるように見える時がある

    261: 名無しのお客さま
    >>5
    この人は登山家ではありません。山を出汁にした自己啓発講演詐欺師です。

    6: 名無しのお客さま
    ×:登山家 → ○:プロ下山家

    75: 名無しのお客さま
    >>6
    いや、プロエンコ詰め師だよ。

    10: 名無しのお客さま
    結局指ダメだったんだね
    そりゃあの色はそうだよなぁ

    12: 名無しのお客さま
    栗城ネタ初心者さんへの注意点

    「エベレスト単独無酸素登頂に挑戦」
    山を知らない人にとっては登山史に残るようなすごいチャレンジに思えるが、その実態は…

    ●単独がそもそも嘘
      他人が架けたハシゴを渡った時点でアウト
      シェルパに荷揚げを手伝ってもらった時点でアウト
       ※疑惑や矛盾は多々あるものの、本人もボロを出さないように
        今回は特に念入りに動画を編集しているのでさらなる検証が必要

    ●標高8848mのエベレスト登山の本番は8000mを超えてから。
      栗城は3年チャレンジして、3年とも7900mのサウスコル(エベレストとローツェの間の肩の部分)にすら
      行けたことがなく、毎年同じぐらいの高度(7800m前後)で撤退している。
      普通の登山隊が酸素ボンベを使うのも7900mを超えてから。栗城の撤退高度では酸素ボンベを使わない。
        =低い高度から酸素ボンベを使う人もいるが、登山家ではなく年寄りとか金持ち

    ●無酸素登頂はもう珍しくない。日本人の登頂者も既に何人もいる(もちろん簡単でなくタヒ者も出ている)
      でも栗城の撤退高度を考えたら、無酸素登頂に挑戦したと言えるだろうか?

    841: 名無しのお客さま
    みんな
    >>12をよく読めよ

    22: 名無しのお客さま
    感動はしないけど感心する

    27: 名無しのお客さま
    自然に対して謙虚さがないよね

    108: 名無しのお客さま
    no title

    no title

    no title

    210: 名無しのお客さま
    >>108
    いろいろ足りないw

    557: 名無しのお客さま
    >>108
    わけわからん療法は無意味だったのね…

    114: 名無しのお客さま
    エベレスト舐めんな

    no title

    no title

    no title

    no title

    140: 名無しのお客さま
    「必ず登頂する…」
    最後の富士山トレーニングを終えて出発に向けた準備をしています。
    日曜日に富士山を1時間55分で登り、お鉢を軽くRUNをして、体調面と精神面はベストな状態です。
    エベレスト出発前に山の大先輩にご挨拶に行ってきました。
    「必ず登頂する…という欲望に打ち勝てよ」とお言葉を頂きました。
    なかなか言える言葉ではないと思います。
    登頂はもちろん最大の目標です。しかし、相手は大いなる厳しい自然です。
    自分が最大に努力して登り、そして、山が受け入れてくれた時に初めて登れます。
    しかし、山が迎えてくれない時に無理して行くことは単なる欲望かもしれません。
    その欲望と執着に打ち勝つ。
    登頂よりも大切なことかもしれません。
    これから出発最後の準備に入ります。
    皆さん、応援コメントありがとうございます!
    https://m.facebook.com/kurikiyama/posts/1004473146251669

    登る気ねえだろコイツ

    796: 名無しのお客さま
    >>140
    ワロタ
    今度は勇気ある撤退を売りにするつもりか?

    632: 名無しのお客さま
    今度はどんな下山を見せてくれるのか

    -エロい体験談

    Copyright© でぃあんどる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.